旅行好きな人、ハピタスは登録した?ここをクリック!

【ハワイ初心者向け】赤ちゃん連れOK!ハワイで食べたご飯を紹介

後輩

よつ葉さん、ハワイで何食べたんですか?

よつば

もうね、定番のご飯を食べつくしたわ!最後には奮発してウルフギャングで肉を頬張ったわ!

今回は、私達がハワイで食べたご飯をご紹介します。

先に言っておきますが、この記事はハワイ初心者向けです。

何回もハワイに行っている人は、全部知っているお店だと思うので読んでもつまらない内容ですよ。

この記事の内容
  • ハワイ初心者が食べるべきグルメ
  • 現地でウルフギャングを予約した方法
  • ウルフギャングのお値段



私は、2019年秋に家族でハワイ旅行をしました。

メンバーは、私の両親、妹夫婦、姪っ子(1歳半)そして私の6人です。

もくじ

ハワイ初心者は、これを食べよう!ハワイグルメ

アメリカのご飯って日本に比べたら量が多いですよね。

そして日本と比べたら、値段が高い!

量も多いし値段も高いので、アメリカでの食事は

みんなとシェアをする。

私達は、シェアしながら食べることにしました。

大食いじゃない限りは、あれもこれも頼んだら後悔しますよ。

私がハワイで食べたグルメ

  • アサイーボウル
  • ガーリックシュリンプ
  • パンケーキ
  • ステーキ

その他にもアメリカ料理を食べましたが、今回はこの4つのグルメをどこで食べたかも含めてご紹介します。

アサイーボウル

私が1番好きなハワイグルメは、アサイーボウルです。

アサイーはスーパーフードと言われていて、見た目はブルーベリーのようなフルーツ。

ハワイはアサイーボウルのお店がたくさんあります。

その中でも、ISLAND VINTAGE COFFEEに行きました。

私はここのアサイーボウルが大好き!!!

東京にもお店があり、ハワイが恋しくなったら食べに行っているほど。

とにかくアサイー、はちみつ、グラノーラの相性抜群!

フルーツも美味しい!

量は多いんだけど、私は一人でペロッと食べちゃいました。

場所はロイヤル・ハワイアン・センターに入っています。

朝早くからあいていますが、日曜日の朝8時に行ったら大混雑!!

注文までに、15分以上は待ちましたよ。



並んでいる人は、ほぼ日本人でしたね。

複数名で行く場合、並ぶ人と席を確保する人を分けてもいいかもしれないです。

テイクアウトして外で食べている人も多数いました。

アサイーボウル以外にも、サンドイッチを食べました。

サンドイッチの付け合わせはフライポテトかサラダか選べましたよ。

店員さんは、日本語が少ししか分からない人が多かった印象です。

メニューは公式HPからも見れるので確認してみて下さい。

よつば

アサイーボウルを食べたことがない人は、一度足を運んでみて!

ガーリックシュリンプ

私達は、パイオニア・サルーンに行きました。

ここは日本人が経営している為、注文も日本語でOKでしたし、メニューも日本語で書いてあります。

人気のガーリックケジャンシュリンプとガーリックアヒステーキを注文しました。

ご飯は玄米と白米をチョイス出来ます。

店内で食べる事も出来ますし、ランチボックスに入っているため、持ち帰りも可能です。


オープンは11時からです。

私達が11時半に行った時には、店内はほぼ満席!

でも偶然にも空いた席があったので、座って食べる事が出来ました。

その後もぞくぞくお客さんが来ましたね。

味も日本人好みの味付けで、とっても美味しかったです!!

サイズもアメリカサイズではなく、1人でペロッと食べる事が出来きます。

個人的には付け合わせのマカロニが薄味と感じたので、ガーリックシュリンプに付けるマヨネーズみたいなのをつけて食べました。

場所はワイキキ市内から離れているので、バスか車で移動しないといけません。

私達は、ダイヤモンドヘッドを登った日にランチで訪れました。

JTBのオリオリバスを利用すると、ダイヤモンドヘッドルートで行けます。

しかもパイオニアサルーン前に停車しますよ。

午前中にダイヤモンドヘッド登山→パイオニアサルーンでランチ→ワイキキに戻る

と行った流れで行動しました。

姪っ子には刺激が強い食べ物なので、こっそりと持参したおにぎりなどを食べさせました。

パンケーキ

もはやパンケーキ大国のハワイ。

家族も「ハワイと言えば、パンケーキ!」ということで、ド定番のEggs’n Thingsへ行きました。

日本にも多く展開しておりますが、北海道には店舗がないし!

バナナのパンケーキに、エッグベネディクト 、ほうれん草とチーズのオムレツを5人でシェアしました。

パンケーキは一皿に5枚もあるので、1人では食べきれません。

ここのパンケーキはクリームたっぷりですが、このクリームが全然重たくないんです!

軽めのクリームでパクパク食べれました。

甘いものを食べるとしょっぱいものを食べたくなるので、そんな時はオムレツを食べましたね。

エッグスシングスはワイキキ内にお店が数店ありますが、お昼時は混んでいましたね。

しかし店内は広いですし、回転率は良かったです!



子供用の椅子もあったし、バナナやパンケーキは1歳半の姪っ子でも食べれるので勢いよく食べていましたね!

ウルフギャングでステーキを食べる

アメリカと言ったらステーキ!

ステーキと言えば、ウルフギャング!



そう、せっかくだから高級ステーキハウスでステーキを食べたいので、ウルフギャングに行きました。

場所は、ロイヤルハワイアンセンターの3Fにあります。

ウルフギャングは、予約必須のお店です。

公式HPから事前に予約も出来ますし、VELTRAなど現地ツアー会社からでも予約が出来ます。

18~19時の夕食時は、2週間前には満席になることもあります。

そのくらい予約必須のお店です。



でも私達は行けそうな日が不明瞭だった為に、事前に予約をしなかったんです。

あとは当日どうにかなるんじゃないか?という甘え考えもありましたね。

現地でウルフギャングの予約をする

当日行くと案の定1時間以上待つと言われたので、その日は諦めました。

そのため、その時に

「違う日の予約をここで取る事は出来る?」と尋ねてみました。

すると「予約可能よ!」と言われたので、予約をすることに。


事前予約が出来なかった人は店頭で予約することも可能です。

日本語を話せる方もいますし、いない場合は英語で交渉になりますけどね。

しかも時間帯も、早い時間帯か遅い時間帯しか空いていない場合が多いです。

スムーズにお食事をしたいなら、事前に予約した方がいいですよ。

ウルフギャングのご飯

ウルフギャングには、ドレスコードがあるから注意してくださいね。

タンクトップとサンダルはNG!

私はキレイ目なリゾートワンピとパンプスで行きました。

店内はガヤガヤしており、赤ちゃん連れでも大丈夫。

さすが高級店!と思ったのが、子供用の椅子もあるし、子供用の飲み物には紙コップにストローもさしてくれましたね。

ウルフギャングで注文したものはこちら

  1. 定番の熟成肉ポーターハウスステーキ(2人前)
  2. フィレ肉(1人前)
  3. ウルフギャングサラダ
  4. アスパラ
  5. マッシュポテト

大人5人だから、このくらいがベストでしたね。

日本語メニューもあるし、私達のテーブルには日本語が出来る人が担当してくれました。

まず最初にパンが出てきます。

パンは食べ放題で、柔らかくて姪っ子もパクパク食べてました!

パンだけでお腹いっぱいになる勢いです。

その後にサラダです。取り分けてくれました。

そして待ちに待ったお肉が登場!お肉はミディアムレアでオーダー!

びっくりする程、おいし~!

味付けは塩のみですが、肉のうま味が口の中に広がります。

テーブルにソースもありましたが、私はこのソースは好みではなかったですね。

あとね一緒にオーダーしたマッシュポテトもほんのり甘くてオススメ!

アスパラも美味しい!

姪っ子もバクバク食べていました。

どれを食べても美味しくて、お酒が進む、進む!

お値段は?

そして最後にお会計。

大人5人分で飲み食いした結果は、チップを含めると450ドルくらい!

さっと、カードで一括払いしましたよ。(私がね!」)

もうね、こんなことでしか親孝行出来ないしね。

一人100ドルくらいだろうなと思っていたから、正直ほっとしました。

2人で行くと沢山の種類が食べれないけど、大勢で行くとシェアしながら食べれるしいいですね!

まとめ:『ハワイ初心者は、鉄板グルメから攻めよう!ウルフギャングは予約必須!』

どうでしたか?

ハワイのド定番を攻めたラインナップでしたね!

気になるお店はありましたか?

私がハワイで行ったお店
  • アイランドヴィンテージコーヒー(アサイーボウル)
  • パイオニアサルーン(ガーリックシュリンプ)
  • Eggs’n Things(パンケーキ)
  • ウルフギャング(ステーキ)



ウルフギャング以外は、予約なしでもはいれます。

ウルフギャングも運が良ければ、そのまま案内されることもあります。(弟夫婦は予約なしで入ってました!)

最後に最新の情報は各自でご確認の上、楽しいハワイ旅行にして下さいね!

同期

ハワイで食べ過ぎて太ったでしょ?

よつば

あ…バレた?カウンターでスクワットしながら接客しようかしら?

同期

それはダメだよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

筆者について

日系の航空会社で、10年以上勤務。
空港での出来事、飛行機の知恵や旅行記を中心に執筆しています。生涯の目標は、47都道府県と民間機が飛ぶ国内空港を制覇すること。

もくじ
もくじ
閉じる