旅行好きな人、ハピタスは登録した?ここをクリック!

ルック JTBを選んで良かった!旅行慣れしている私が、JTBを選んだ理由

よつば

今年の長期旅行はハワイよ!

同期

いいね!個人手配で行くの?

よつば

安心のJTBにお任せよ!

兄弟の結婚式のため、ハワイ旅行へ!

そこで悩んだのが、個人手配?旅行会社にお願いする?でした。

普段は国内のみならず海外旅行も個人手配をする私。

でも今回は、安心のJTBを利用してハワイへ行くことに!

この記事の内容
  • LOOK JTBを選んだ理由
  • 私がツアー内容で悩んだこと
  • 私たちの旅行料金



最後には、私たちの旅行代金を発表しちゃいましょう!

どこの旅行会社にしようか…と、悩んでいる方々の参考になれば嬉しいです。

もくじ

ルック JTBは、やっぱり安心!

まずは、どんなメンバーで旅行をするか教えます。

一緒に旅行する人

  • 60代の両親※ハワイは新婚旅行以来
  • 妹夫婦+姪っ子(1歳半)※姪っ子は初飛行機
  • 私 ※旅慣れたアラサー

この大人5人+赤ちゃんの6人で行くことになりました。

家族の英語力は乏しいし、私以外は海外旅行に不慣れなメンバー!

もう必然的に、旅行のリーダーは私になりますよね。

ツアーコンダクターよつ葉として、色々とプランを考えるのです。

家族の要望

  • 新千歳空港から行く
  • ホテルは朝食付きがいい
  • 色々とアクセスしやすい場所にホテルがある
  • コネクティングルームがいい
  • プールに入りたい

もうね、言いたい放題!!

旅慣れている私が、どんなことに悩んだか、どうしてJTBにしたかを教えます!

悩んだこと①個人手配か旅行会社か

個人手配の良いところは、料金が安く手配出来ること!

私は個人手配でハワイ旅行の経験があるので、最初は個人手配で行こうと思いました。



でも、だんだん不安になってきたんです。



不慣れな人達を連れて、個人手配の海外旅行。

個人手配だと、何かあったら私が対処しないといけない。



ツアーなどを全て私が個々で予約をするのか…と考えたら

ものすごく、面倒になっちゃった!



なので旅行会社にお任せしようと思い、とりあえず色々なパンフレットとネット検索を始めました。

パンフレット見ていたら、ルックJTBのツアーが目につきました。

オプションサービスも充実しているし、もうJTBで申し込みだ!となりましたね。

\ 公式HP /

悩んだこと②どの航空会社にするか

新千歳空港から、ホノルルに行く方法は3つあります。

  1. ハワイアン航空の直行便で行く。(週3便あり)
  2. 羽田や成田、関西など国内空港を経由してホノルルに行く。
  3. 仁川空港など国際線乗継をして、ホノルルに行く。

コロナの影響で直行便は運休しています。

ここはね、

新千歳空港からの直行便!にしました。

本当は自分の勤めている航空会社を使いたかったのですが、家族は北海道に住んでいるから東京までくるのが大変。

外資系航空会社よりも日系航空会社の方が手厚いし、何かと安心だと思っちゃうタイプです。

ですが、移動が大変なので、ここは外資系の直行便にしました。

ルックJTBなら並び席が確約されているし、窓から並びがいいなどのリクエストも出来きましたよ。

悩んだこと③どのホテルにするか

家族のリクエストの大半は、ホテルについてでした。

  • ホテルは朝食付きがいい
  • 色々とアクセスしやすい場所にホテルがある
  • コネクティングルームがいい
  • プールに入りたい

まず、海外のホテルで朝食付きってなかなか少ないですよね。

滞在中1回のみなどのプランはあったんだけど、毎食はありません。

そこでルックJTBが提供している、ルアナラウンジがあるホテルにしました。

ルアナラウンジとは、ホテル滞在中いつでも利用が出来るラウンジで、軽い朝食だけでなく、昼にも軽食があって、夜はお酒とおつまみが提供されるJTBで予約した人だけが入れるラウンジです。

お酒が大好きな人もいるので、毎日お世話になると思いルアナラウンジがあるホテルにしました。

ルアナラウンジがあるホテル

  • シェラトン ワイキキ リゾート
  • モアナ サーフライダー
  • ハイアット リージェンシー
  • ヒルトン ハワイアン ビレッジ
  • ワイキキ ビーチ マリオット

プールはヒルトンが立派ですが、立地的に少し離れているから却下。



個人的にインフィニティプールに入りたいのと、立地的にも最高なシェラトンワイキキリゾートにしました!

ルアナラウンジからの見える景色が「ザ・ハワイ!」って感じなので、部屋の眺望は指定なしにしました。

よつば

ここはね、賭けに出たのよ!

あとはJTBの場合、リゾートフィー込みの値段だったので、リゾートフィーで何が出来るかも調べました。

「リゾート・フィー」とは、ホテルが独自に課金する「追加費用」の一種です。税金とは異なりホテルが独自に設定するため、金額もホテルによって様々で、1泊につき10ドル~20ドル、高いところでは25ドル程度かかる場合もあります。また同じ都市でも課金されるホテルとされないホテルがあるなど、とてもわかりにくくなっています。

ホテリスタより引用

ハワイなどのリゾートは、このリゾートフィーを取るホテルばかり。

予約時にリゾートフィーが含まれているか、必ずチェックしましょう!

含まれていない場合は、現地でお金を払う必要がありますよ。


ホテルはシェラトンワイキキに決めたけど、1つだけ心配していたことがありました。

シェラトンワイキキは、私達が訪れる時に改装工事中ということ。(2022年現在、もう終わっています)

日中は工事の音がうるさいかな…と思いましたが、私達はホテルでゆっくりすることは少ないので、そこは気にしないでいいかと思いここに決めました。

あとは、JTBにお任せして改装後の部屋であって欲しいと願いました。

ルックJTBにして良かったこと

私が、ルックJTBにした理由は

  • ルアナラウンジが使える
  • 機内の座席が並び席
  • トロリーが乗り放題
  • ハワイでの往復送迎付き
  • 選べる無料ツアーが1つついてくる

上記の理由があったので、ルックJTBに決めました。

ホノルル空港に着いたら、JTBカウンターに行けば送迎してくれます。

ワイキキにはJTBデスクもありますし、何かあったら日本語で対応可能。

今回は結婚式がメインなので行動範囲は広くないので、トロリー観光がメイン。

その為、無料で乗れるトロリーがついているJTBを選んだのも理由の一つです。

あとは、無料でオプションツアーを1つ選べたから参加しました!

気になる旅行代金

さてさて、気になる旅行代金を発表しますか。

  • 旅程:2019年秋・4泊6日
  • 大人5人+1歳の赤ちゃん
  • 航空会社は新千歳空港からの直行便、ハワイアン航空。
  • 父のリクエストで、機内の席は往復エクストラコンフォート♡
  • ホテルは、Aグレードでシェラトンワイキキリゾート
  • その他オプションなし

なんと、旅費で約120万円也~!!

予算は100万円だったので、大きくオーバーしました。

よつば

お祝い事だし、家族で海外旅行なんてめったに行けないのでいいの。
お金はまた稼げばいいんだし。

まとめ:『不慣れな人は、ルックJTBでハワイに行こう』

ちなみに個人手配をしたらどうなるか計算したけど、ホテル(朝食なし)と飛行機だけで100万円以内におさまりました。

その他に往復の送迎とツアー、毎回の朝食を手配するとなると、JTBと大きな差異はないかなって個人的には感じました。

この記事のまとめ
  • 海外旅行に不慣れな人は、旅行会社で予約が良い
  • ハワイだとルックJTBが人気で安心
  • ハワイのホテルはリゾートフィーが取られる→事前に込みの値段か確認
  • ハワイは朝食付きのホテルが少ないので、ルアナラウンジ付きがいい

JTBは店舗も多いので、ネットで予約が不安な人は直接店頭か電話で、相談出来ますよ!

\ Web限定プランも豊富!公式サイトはこちら /

特にハネムーンでハワイに行く人は、ルックJTBだけの特典もありますよ。

私たちみたいに海外挙式の参列者にも、ルックJTBで申し込めば特典がある場合も!(私たちは利用するのを忘れていました。)

JTBの担当者とは、基本メールのやりとりでした。

私達は赤ちゃん連れなので色々とリクエストをあげましたが、すごい優しくて仕事が出来る担当者で、本当にお世話になりました。

お陰様で、家族一同大満足のハワイ旅行が出来ました!

よつば

誰かのサポートがあると、旅行はもっと楽しくなるわね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

筆者について

日系の航空会社で、10年以上勤務。
空港での出来事、飛行機の知恵や旅行記を中心に執筆しています。生涯の目標は、47都道府県と民間機が飛ぶ国内空港を制覇すること。

もくじ
もくじ
閉じる