海外旅行-ハワイ

赤ちゃん連れでも登れた!ハワイのダイヤモンドヘッド登山

後輩
後輩
よつ葉さん、ハワイで何したんですか?
よつ葉
よつ葉
ハワイでダイヤモンドヘッドに登ったのよ

今回は、2019年秋にハワイ旅行をした際に、ダイヤモンドヘッドへ行った時のお話よ。

あのね、久々の登山は疲れたわ。

この記事でわかること
  • ダイヤモンドヘッド入園料と開園時間
  • 持ち物や服装
  • 子供連れにぴったりの迂回ルート

私たちは、ルックJTBでハワイに行ったのよ。

今回はこのルックJTBの特典で付いてくる、オリオリバスを利用してダイヤモンドヘッドへ行ってみたのよ!

ダイヤモンドヘッドへ行こう!

オアフ島のシンボルである「ダイヤモンドヘッド」

山頂までは大人の足で、片道30~45分と長い道のりじゃないところが魅力的。

そのため小さな子供から、ご年配の方まで登山を体験することが出来ます。

頑張って登った後に山頂からの見る景色は、息を飲むほど美しいです!

アクセスの仕方(JTBの場合)

JTBのトロリーで個人的に行く場合、ダイヤモンドヘッドルートのトロリーに乗ります。

(JTBのトロリーについては、オリオリバスHPを参照)

そして、ダイヤモンドヘッドクレーター前で降りるのよ。

ダイヤモンドヘッドまでの道なりを走っていたら、いきなりバスが停車したのよ。

何かと思ったら、ここから見る景色が素晴らしいから写真撮影したら?とバスの運転手が言ってきたわ。

雲が多かったので、イマイチな写真でごめんなさいね。

その後、ダイヤモンドヘッドクレーター前で降りたわ。

ちなみにレンタカーで行く場合、駐車場がありますのでそこに止めれます。

ですが私たちが登山した日は、休日でレンタカーの駐車待ちの列が…!

休日の午前中は、混んでいるのでレンタカーで行く際は覚悟をしましょう。

駐車場代は1台5ドルです。

入園料

入園料は、1人1ドルです。無料かと思ってたわ。

レンタカーの場合は、入園料が駐車場台に含まれています。別途入園料は払わなくてOK。

入園する時は、日本みたいにブースに行って・・・と言う感じではなかったわ。

係員のおばちゃんが、入口に立っていて、そこで現金を渡すという、割と流れ作業だったわ。

お釣りが出ないように、人数分現金で準備しておいた方がスムーズね。

私達は赤ちゃんを抱っこしていましたが、赤ちゃんの分の入園料は取られなかったわよ。

開園時間

ダイヤモンドヘッドの公園は、朝6時から夜18時まで開園していますが、最終の登山可能時間は16時半までです。

人気の時間帯は、日の出の時間帯ね。

旅行会社のトロリーバスも、日の出に合わせた時間帯に出ているのでご安心を。

また旅行会社も、

朝にダイヤモンドヘッド登山→下山後朝食を食べる

といったツアーも売り出しているわね。

早起きは苦手だなーと思う人は、まだ比較的涼しい午前中に登るのがオススメよ。

私達は、朝9時から登って、10時半には下山完了したわ。

服装や持ち物

当たり前だけど、運動靴に動きやすい服装がいいわよ!

サンダルで登っている人もいたけど、足場がゴツゴツしていて危険だわ。

あとはね、日差しが強いので帽子など、日焼け防止グッズやタオルが必要よ。

そして飲み物を忘れずに!途中に自動販売機や売店はないからね!

お手洗いは、公園内にあるわ。

登山を開始したらトイレはないから、登山前に行って!

山頂に向けて、登山スタート

f:id:yotsuba0229:20190928125952j:plain

最初は整理されたアスファルトの緩やかな道を進みます。

ここまでは余裕よ!

だけど、だんだん登り道がきつくなってきたの。

もう運動不足がバレバレね。息切れをしながら進みます。

途中途中に、写真が撮れるスポットがあります。

ここから見る景色も十分綺麗ですが、頑張って山頂を目指したわ。

f:id:yotsuba0229:20190928125350j:plain

このトンネルを抜けると、最後の難関100段以上ある螺旋階段が出てきたの!

(螺旋階段の写真を取り忘れてました…)

子供連れは年配者は迂回ルートを

螺旋階段の方が山頂には早く着きます。

でもね、私達は螺旋階段を登らない迂回ルートで行くことにしたわ。

螺旋階段入口から、左側に行くと迂回ルートがあります。

f:id:yotsuba0229:20190928123629j:plain

迂回ルートも階段を上りますが、螺旋階段のように一気に登らなくていいの!!

体力に自信がない方は、断然こっちのルートをおすすめするわ。

だって螺旋階段はね、狭いのよ。

後ろが詰まるから、途中で休憩出来ないの。

100段を一気に登るなんて無理!っていう方は迂回ルートを使いましょう。

山頂は、せまい!

山頂からの景色です!頑張って登って良かった~!!!

そして、山頂はものすごく狭いです。人も多いですね。

すごく気になったのが、マナーの悪さ。

インスタ映えとか狙っているんでしょうけど、侵入禁止のところに入っている外国人もいたわ。

ちなみに1歳半の姪っ子は、登山中は抱っこよ。

なので、赤ちゃん連れの場合は、

お父さんお母さんが、子供を抱っこして登る体力が必要!

足を滑らせたら転んで危険な道もあるので、本当に注意しながら山頂を目指して。

ちなみに下山後に、この公園内で姪っ子を歩かせて遊ばせたわ。

まとめ:『ダイヤモンドヘッドも登山!初心者はきちんと準備をしていこう』

普段から山登りをする人から見たら、ダイヤモンドヘッドはハイキングのようなものよ。

しかし普段から運動を全くしない人にとっては、辛い道なりよ。

記事のまとめ
  • ダイヤモンドヘッドは片道30~45分で登れる
  • 登山をするなら、午前中がおすすめ
  • 赤ちゃん連れの場合は、抱っこして登る
  • 螺旋階段を登りたくない場合、迂回ルート(左手)から山頂を目指す

私の場合、2回目のダイヤモンドヘッド登山だったの。

同行者の家族が「ダイヤモンドヘッドに登りたい!」とリクエストがあったので、仕方なく連れて行ったわ。

午前中に登る場合、午後はゆとりを持ったスケジュールした方がいいわよ。

汗はかくし、足は疲れているのしね。

私たちも、下山後にお昼ご飯を食べて、すぐにホテルに戻ったわ。

よつ葉
よつ葉
1度は登山してみる価値はあるわよ!
ABOUT ME
よつ葉
日系のグランドスタッフとして10年以上勤務。空港での出来事や飛行機のことを中心に執筆中。旅行は個人手配。たまに毒を吐くアラサー女。