悩み

グランドスタッフは結婚後も働けるのか。女性のキャリア問題

結婚後も女性は働く時代になりましたね。

グランドスタッフとして働く女性は結婚・出産後もそのまま働けるのでしょうか?

今回はグランドスタッフとして定年まで働き続けることは可能なのか

『女性としてのキャリア』についてお話しましょう。

同期
同期
出来れば、結婚後も正社員で働いていたいよね!
よつ葉
よつ葉
うん、働きたい!けど色々と問題もあるのも事実よね~
この記事の内容
  • グランドスタッフのキャリアについて
  • 結婚や出産後に立ちはだかる問題点
  • 実際に働き続けている人の声
これは私が働いていた国内航空会社のグランドスタッフの意見を基に記事を書いています。勤務先の会社の規定によって待遇も異なります。

正直、定年までグランドスタッフとして働き続けたい!と言っている現職の方はほぼいないでしょう。

こちらの記事にも挙げていますが、毎年退職者が多い航空業界です。

コロナで給料やボーナスが減る航空業界で働き続ける、女性のキャリアについて考えてみました。

グランドスタッフのキャリアについて

まず大学卒業をし22歳でグランドスタッフと入社して、退職する60歳までグランドスタッフ一筋の人聞いたことがありません。

途中で異なる部署に配属になる場合がほとんどです。

その後、管理職としてグランドスタッフに戻ってくるパターンが多いかな~と個人的に思っています。

部署異動を経験することで、知見も広がり業務に活かせますしね。

 

そして何よりも思うのが、

グランドスタッフの仕事を10年以上続けている人は、プロ中のプロという事。

大半の人は、入社7年目までに何らかの理由で退職しますからね。

結婚や出産後に立ちはだかる問題点

結婚しても働き続ける人は多くなりました。

しかし結婚や妊娠したタイミングで、グランドスタッフとしてこの先やっていけるのか…と考える女性が多いのが現状です。

ではどんな弊害があるのでしょうか?

住む地域が限定される

勤務上どうしてもシフト制になるので、空港から○〇キロ以内に住まないといけないと決まりがある会社が大半です。

早朝だと交通機関がまだ通っていないので、タクシーで出社することもあります。

そのタクシー代は会社負担なので、遠方に住んでいたら会社が負担するタクシー代も馬鹿になりません。

結婚しても働きたい、でも旦那との兼ね合いで空港の近くに住めない・・・

そんな人は、自家用車で通勤している人もいます。

交通費に関しては一定の範囲内でしか支給されないので、はみ出した分は自己負担になっています。

シフト制で働く

総務や人事など、間接業務に就けば土日祝日はお休みですが、

グランドスタッフなど現場で働く場合は、シフト制になります。

土日祝日は、逆に忙しいのでなかなか休みが取れません。

もちろん希望休は出せますが、子供や旦那さんと休みが合わないこともあります。

また空港によっては、早番・遅番など勤務時間がバラバラです。

土日は仕事だし、シフト制だし…と家族との時間が取れなくて離職する女性も多いのです。

育休後が大変

だいたい産休と育休で1年間現場を離れますよね。

育休明けに復職したら、規定や端末操作が変わっていることが!

航空業界は世界情勢や国の方針などに左右されるので、そうなった場合はまた一から新たな知識を詰め込まないといけません。

よつ葉
よつ葉
ホントにすぐ規定が変わる!!

また、必ずしも育休後に前職と同じ業務に就けるとは約束されていません。

実際に私の同僚も、育休明けにグランドスタッフではなく違う部署に配属されました。

時短勤務なのに新しい部署の訓練に導入されてと、色々と大変そうでした…。

 

そして、年次が上がれば裏方の仕事になることが多いのですが育休明けは新入社員と同様に扱われることも…。

若い子と違って体力が衰えているので、搭乗口まで走って息が上がったりすることもあります。

家では子育てで体力消耗、空港でも体力消耗でヘトヘトになると言っていたママさんもいましたね。

実際に働き続けている人の声

ざっと、弊害を述べましたがやっぱり正社員で働き続けれるって魅力的です。

実際に働いているママさんに話を聞いてみましたが、

  • 正社員でボーナスももらえるし、福利厚生がしっかりしている。
  • 今から正社員で雇ってくれるところは少ないから、仕方なく働く。
  • この仕事が好き。

航空会社は社員割引で飛行機に乗れたり、社員価格で各種保険に入れたりと福利厚生が手厚いです。

また仕事が好きだから働いている人もいれば、家庭の事情で泣く泣く働いている人もいます。

ですが、私が入社した頃に比べたらママさんグランドスタッフとして時短勤務をしている女性が増えました。

企業としても有能な人材を手放したくないので、ママになっても働けるように空港近くに企業保育園を併設したりと各社さまざまな工夫をしています。

まとめ:『結婚、出産後も働いているグランドスタッフが増えている』

グランドスタッフは若い女性のイメージが強いですが、

結婚・子育てをしつつ働くことができる仕事です。

しかし勤務地やシフト制などの弊害があるのも事実です。

そのため、家族の協力が不可欠です。

 

また長く働くのであれば、グランドスタッフだけではなく違う部署も経験することで、どんどんキャリアアップが可能です。

これから数年は厳しい状況が続くかと思いますが、女性管理職も多数活躍していますので今後はもっと働くママさんが増えると思います。

 

しかしキャリアのことで悩んでいたら、次に活かせる資格を在籍中に取得したり、リクナビNEXTなど転職サイトに登録することをお勧めします。

もしかしたら、理想の条件にあった職場が見つかるかもしれませんよ。

よつ葉
よつ葉
最後に私のお話です。

私の場合は通勤できない距離に引っ越しをしないと行けなかったため、離職することになりました。

通勤できるのであればまだ働いていたいと思っていたし、コロナが流行らなければ再就職先として、今住んでいる地域の空港業務の仕事に就いていたのかもしれませんね。

よつ葉
よつ葉
私が働いていた航空会社が採用試験を再開したら、ママ枠で働けるか聞いてみようかな~?(コネ入社を狙うぞ~!笑)
同期
同期
仕事を辞めた同期で、契約社員やパートとして空港で働く人も増えたよね
後輩
後輩
空港だけでなく、旅行会社や予約センターのパートをしている元同僚も多いですよね!
同期
同期
今は女性も働く時代!専業主婦になりたいなら、パイロットを捕まえるしかないな!笑

 

ABOUT ME
よつ葉
日系のグランドスタッフとして10年以上勤務。空港での出来事や飛行機のことを中心に執筆中。旅行は個人手配。たまに毒を吐くアラサー女。